1964年、働き続けたい保護者と良い保育をしたい保母たちが岡山市内の民家の1階で小さな共同保育所をはじめました。

「共同保育所あゆみ園」と名付けられたこの保育所が私たち「社会福祉法人あゆみ会 あゆみ保育園」の原点です。

出産後に思うような働き方ができない状況が多かった当時から、あゆみ保育園では保護者と保育者が「公正・協同・公開・持続」を大切にしつつ、“こどもの発達する権利”と“おとなの働いたり学んだりする権利”を守ってきました。

そして半世紀以上の時間が経ち、福祉法人となった現在においても、この思いは変わることはありません。

こどもたちを中心により良い「あゆみ保育園」となれるよう、私たちは保護者のみなさまと日々あゆみ続けています。

社会福祉法人あゆみ会
あゆみ保育園